これからの施術所には、トレーニングが必要な時代がやってきます。



写真はある施術所で高校生がトレーニングをしているところです。

彼は高校生で、肩関節の痛みを主訴としています。

かかりつけの接骨院に通院しながらトレーニングをしています。

少し変わった器具を使っていますが、これは肩関節の腱板を鍛えるための器具です。

腱板に対して、大きな効果が期待できるのです。

この施術所に限らず、ここ数年施術所でトレーニングを提供するところが増えてきています。

さて、なぜこのような現象が起きているのでしょうか?

施術所でトレーニングを提供するメリットを、個々の患者さまのケースからあげてみます。

①スポーツ選手の場合・トレーニングをすることでパフォーマンスがアップする。・故障箇所の回復の具合が断然違う。・トレーニングを治療に組み合わせることで通院継続率がアップする。

②高齢者の場合・筋力の低下した運動器の痛みには、筋力アップの効果が著しい。・転倒予防、介護予防のためのトレーニングに一定の需要がある。・トレーニングを治療に組み合わせることで通院継続率がアップする。

③腰痛、肩こりなど日常生活での慢性的な痛み・治療だけでは得られないトレーニング後の爽快感・症状の再発に対する抵抗力の効果・トレーニングを治療に組み合わせることで通院継続率がアップする。

以上が、施術所でのトレーニング導入のメリットとなりますが、トレーニングの導入の効果はこれだけではありません。


最新記事

すべて表示